文化人になりたい

その日に見た創作物について、感想を述べる。それだけの場所。

ミイラの飼い方第1話 全てを愛せる優しい世界

こんばんは。

ポプテピピックとかなんとか、速攻で感想を書きたい作品が溜まっていたのでなかなか書けずにいたのですが、本日は一度見てからすっかり虜になってしまった「ミイラの飼い方」の感想です。

こういう褒めたいところしかない作品ではただただベタ褒めするだけになるので、果たして読む人は面白いのだろうか(汗)

 

監督は「ゆゆ式」で知られるかおりさん、そしてシリーズ構成は「プリティーリズム・オーロラドリーム」を書き上げた赤尾でこさんです。

ゆゆ式のアニメも大変に評判がいいですよね。それもかおり監督を中心とした丁寧なキャラクター造りと日常を描く絵づくりへのこだわりが成し遂げた技でしょう。

ちょうど最近行われた興味深いインタビューがありました。

originalnews.nico

赤尾でこさんは私的大傑作「プリティーリズム・オーロラドリーム」「プリティーリズム・ディアマイフューチャー」を担当した脚本家さんです。

三重野瞳名義で音楽活動もしており、後継作品であるプリティーリズム・レインボーライブやプリパラにも歌詞を提供しています。

他にも「アスタロッテのおもちゃ!」や「赤髪の白雪姫」など、人間関係を丁寧に良質に描かれる方です。

特に「信頼」や「絆」といった美しい関係を美しく描かせたら右に出るものはいません。

 

スタッフ語りでいきなり熱くなってしまいました(笑)。

原作はまだ読んだことはないのですが、comicoというweb漫画アプリで連載されており、スマホで読むことを想定されたweb漫画のようです。絵柄が素朴で好みです。

いずれ原作も読みたいなあ。

 

さて、アニメは家事をする主人公・空の様子からスタートです。

広い割に他の家族らしき人が誰も映らず、空はバーゲンのチラシを見たりしながら家事をこなします。

これだけで主人公の大まかな状況が伝わってきますね。

 

そしていきなりOP。

このOPがまず大変に素晴らしい。

 

まず、曲がいいです。

このアニメの雰囲気に合った、とても清涼感と疾走感のあるOPテーマです。

釣りビットというアイドルグループが歌を担当されているようです。とても綺麗な声ですよね。

このアニメはOPとEDがともにアイドルグループとのタイアップになっています。

どちらも作風に大変マッチしていますし、何よりEDのダンス(本家と同じ)がとてもかわいいのでこの判断は大成功だったといえるでしょう。

プロデューサーは一昨年一大ブームを巻き起こした「逃げ恥」の那須田淳さん。

作風を大きく外さず、印象に残るダンスや曲と組み合わせるバランス感覚が素敵です。

 

OPの絵コンテはワタナベシンイチさん。

キャラクターがくるくる回ったりとても楽しい画面を作ってくれます。

f:id:tomokingdom:20180115011531p:plain

意味もなくキャラが回転するナベシン

さらっとキャラクターに影があることを匂わせるカットがあるのが、今後の展開への期待を膨らませます。

 

そして本編。

ここでもやはり家の広さを強調しています。

そしてここでようやく同居人である楓さんの存在が明らかになります。

楓さんとの関係は現段階では不明ですが、単純な家族というわけではなさそう。「楓さん」呼びだし。

その何らかの事情はこれから明らかになっていくのでしょうね。

 

そこに届く父からの荷物。

父から謎の荷物が〜という展開はある種の王道ですね。

この手の展開だとだいたいやってくるのは美少女か魔法アイテムですが、今回はミイラです。

といいつつ、巨大な棺に対して出てきたのは手のひらサイズの小さなミイラ。むしろ、ミイラと呼べるかすら怪しい代物です。

 

その後、過去のトラウマから空はミイラを遠ざけようとしますが、ミイラはなついてしまったのか空のもとにテクテクとやってきます。もうこの姿が本当に可愛らしい。

ミイラは(後にミーくんと命名されます)とても泣き虫です。ちょっとしたことですぐ泣きます。

ノートでついたてを作っても、それでも空に擦り寄ってくる姿を見て空も徐々にミーくんの存在を受け入れます。この距離感の微妙な変化がとても丁寧です。

 

そしてミーくんは「家事をやるからここにいさせてくれ」と懇願します。

普段家事をやっているからこそ空はその提案が無茶なことがわかっているのですが、また泣き始めてしまうので、とりあえず家事を任せてみます。

すると案の定大失敗。むしろ、台所のシンクに水没してあわや大惨事です。

そんなこんなで空はミーくんを追い返すのも忍びないと思い、ミーくんを家に置くことを決断します。

 

そこに飼い犬のポチがやってきます。

ポチに嫉妬するミーくんが本当に可愛い。ここは是非とも本編で見てほしいと思います。

 

さて、ミーくんを飼うとはいっても、相手はどこにもマニュアルのないミイラ。空の試行錯誤が始まります。

ご飯は何を食べるのか、水はどうやって飲むのか。

その一つ一つに真剣に取り組む空の真面目さと、失敗ばかりのミーくんのかわいさがとてもいいですね。

今日かわいいしか言ってない。

 

友人の他月の訪問イベントも挟んでお風呂です。

他月についてはまだ情報が少ないのでドSということぐらいしかわかりませんが、OPで他のペットを連れていたので、ペット仲間になるのでしょうね。

 

お風呂ではしゃぐミーくんを見ながら(そういえばこのミイラやたら水に縁が多い)、空は父の手紙について回想します。

「家族と思って仲良くしてくれ」

という言葉に思うところがあるようです。

楓は明らかに母親ではないですし、父親はエジプト。

空が家族という存在を欲しているのは明らかです。

そして、ミーくんは空にとってどんな家族になるのか。

ポチとは違う存在になっていくのか。

今後の展開が楽しみですが、あまり目まぐるしく展開は動かないで、ただただ可愛さを堪能したいという思いもあります。

 

f:id:tomokingdom:20180115014851p:plain

エンディングテーマはイケてるハーツ。王道の元気が出るアイドルソングです。

「とりまアリなのアリよりのナシなの」って歌詞がなんか好き。

 

 

次回は茂木ちゃんという女の子も出てくるようです。

彼女も可愛いですね。ミーくんとは違う意味で。

 

シリアスになるのか、ならないのかは現段階ではわかりませんが、

とりあえずミーくんと空のやりとりを暖かく見つめていきたいな、と思っています。

こういう登場するもの全てを愛せる作品は素晴らしいですね!