文化人になりたい

その日に見た創作物について、感想を述べる。それだけの場所。

ミイラの飼い方 第2話感想 とりあえず可愛い、それだけ

一週間お疲れ様でした。

最近古い漫画を読みたい欲が溜まってるので何か読もうかな。。。

 

でも今日は私的ナンバーワンかわいいアニメ「ミイラの飼い方」です。

いい人しか出てこない作品は見ていて癒やされます。

あと女子更衣室が登場して着替えシーンや色気シーンが一切ない清潔感も素晴らしい。

(正直、この手のただただ幸せな日常系コメディはけっこう感想を書きにくい……)

 

前回は空とミーくんという二者の関係が中心でしたが、今回から色々なキャラが関わり始めます。

この少しずつ舞台が整って盛り上がっていく感じが2話・3話あたりの醍醐味ですよね。

 

本日ピックアップされたキャラは主に2人。他月と茂木です。

 

他月はドSという一面が強調されていますが、中身はかなりイイヤツです。

空にノートを貸したり、細かな気配りを欠かしません。

ミーくんをいじめたいというのも、愛情の裏返し。そもそも好かれてなければ意味がない。

ということで、空の仲立ちもあって仲直りです。

この時の他月の表情の変化は非常に面白いですね。

f:id:tomokingdom:20180120005840p:plain

ミーくんに拒絶された時の本気の凹んだ表情は見ものです。

 

このやりとりを通じて、他月は立派なミーくんの友人になりました。

ミーくんが迷子になったときも一生懸命に探したり、完全にもう一人の保護者です。

長年の友人(かな?)だけあっていいコンビ。

 

もう一人は茂木朝ちゃん。

この子はとにかくまっすぐないい子です。

f:id:tomokingdom:20180120010429p:plain

このアシンメトリーとテキパキした口調がすごいツボ。

この子の早とちりが原因でミーくんは迷子になってしまうのですが、

ミーくんをなくしたと思って涙目になっていたのが印象的です。

 

シナリオについては、まさにマスコットものの王道というべき学校初潜入回でした。

バレないよう必死に奔走する人間たち。それを尻目に迷子になるマスコット。

そしてなんやかんやあって解決し、最後は「また学校へ行きたい!」で〆。

正直地味さは否めませんが、それでもキャラたちが生き生きしていたのでオッケーです。

マスコットと人間の交流において、世界を広げる回は外せませんしね。

 

さて、次回はいよいよ同居人のカエデさんが本格的に登場するもよう。

主人公の看病というのも交流者の王道ですが、これがどのように楽しく調理されるのか楽しみです。

 

本当ならあれが可愛いこれが可愛いとスクショを貼りまくりたいのですが、

ちょっとパソコンがオンボロ過ぎてスクショ一個乗せるのでも精一杯なのです汗

 

ところで、このEDの絵柄はコラボ対象のサンリオを意識してる?

f:id:tomokingdom:20180120013007p:plain