文化人になりたい

その日に見た創作物について、感想を述べる。それだけの場所。

りゅうおうのおしごと!第3話 萌えと燃えと執念と

プリティーシリーズの後継プロジェクト「プリチャン」が発表されましたね。

いつか終わりを迎え新展開を迎えるのも子供向けコンテンツの宿命。

スタッフも大幅に変わるようですが、今は期待して待ちたいと思います。

 

さて、「りゅうおうのおしごと」第3話。

こちらもすごくよかったですね。

 

この手の業界ものは「いかにその人たちの情熱を描き出すか」に集約されると思っています。

その業界に人生を捧げ命を燃やす人々の想いをどうやって描き出すか。

それがその業界への最大のリスペクトであり、創作物にする理由でもあります。

逆にそれが薄いと「茶化している」「単なる萌えアニメ」という評価になってしまいます。

でも、りゅうおうのおしごとはそれを非常に高いレベルで実現していますね。

 

八一の元へ残るには研修会試験3試合、全てに「勝利」することを条件として告げられたあい。

あいの実力は極めて高いため、同期の研修会の子では相手になりません。

2枚落ちで久留野七段との対局に移ります。

 

ここの久留野七段がとてもいい。

はじめは悠々と、若き棋士を指導するかのように将棋を指していたのですが、あいの想像以上の実力、そして勝ちへのこだわりを見せつけられて空気が一変します。

登場したのは七つ道具の一つ、空気清浄機。

(私は知らなかったのですが、実在の棋士で空気清浄機を持ち込まれて対局される方がいて、そのパロディのようです笑)

自分にとって最強のコンディションを整え、子供相手に本気で勝ちを取りに行きます。

汗を垂らしながら盤面に向かい合う姿が印象的です。

f:id:tomokingdom:20180125010657p:plain

その様子を見た母親の台詞がこの作品の方向性を象徴しています。

「たかが将棋を指すためにそこまで?」

この作品は棋士という「たかが将棋」のために人生を捧げた人たちの人間ドラマ。

こういった狂気と紙一重の勝利に対する執念が脚本・演出共によく描かれていてこちらものめりこめます。

 

しかし、あくまで彼も後進を指導する立場。

あいに向かって試しとも言える勝負の一手を打ちます。

この手を受ければ、待っているのは激しい勝負。しかし、その綱渡りとも言える戦いの先に彼の勝利はありません。

そしてあいがこの手から引けば、一気に形勢逆転です。

これがどこまで意図されたものなのかはわかりません。

でも、彼の将棋への愛が、あいという若き天才棋士の真価を見極めたいと思ったからこそ、生まれた手なのではないでしょうか。

結果、あいはこの読みに勝ちます。

 

それにしても、あいの異様なまでの集中力もよく描かれていますよね。

盤面を一転に見つめるぶれのない瞳に、一歩間違えれば盤面にめり込むような前傾姿勢。

可愛らしさと狂気をうまーく同居させてるなあと感心します。

f:id:tomokingdom:20180125011655p:plain

 

 

さて、お次はラスボスこと姉弟子・空銀子です。

先程の久留野七段とは異なり、銀子はあいへの嫉妬の感情もあるのでしょう。本当の真剣勝負を仕掛けてきます。

つまり、心理戦込みの情け容赦なしのプロの洗礼です。

銀子は素の実力の高さも含め、定石外しや待ち時間のコントロールなど盤外の戦術をフルに駆使してあいを追い詰めます。

f:id:tomokingdom:20180125012204p:plain

こわかわいい

 

ここで対局中の銀子の感情が一切描写されないのが印象的です。

銀子は圧倒的な壁としてあいの前に立ちはだかっています。

あいの視点では対局相手である銀子の感情など知る由もありません。

その意味で、ヒールである銀子の感情は視聴者からも読み取れない作りになっています。

だからこそ、対局後に感情を露わにする銀子の様子が際立ちますよね。

「ああ、姉弟子も焦っていたのだ」という安心感を与えます。

その姿を誰にも見せずにトイレに行く姉弟子のキャラが好きです。

 

あいは苦境に立たされながらも、最後の最後で読みのキレを取り戻し銀子に食らいつきます。

涙を浮かべ汗にまみれ、息を乱しながらコマを握るさまはとても小学生とは思えません。(いやらしくない意味で)

そんなあいの執念に八一の心が動かされます。

かつて勝利への執念に惚れこんで八一のもとへ弟子入りしたあいと、そのあいの執念に魅せられる八一。

この互いに刺激し合う師弟関係がとても魅力的です。

 

そうして揺さぶられた八一の将棋への情熱が、戦いに敗れたあいを弟子にするために母親に土下座するシーンは何度見ても美しい。

 

一方の母親もブレません。

日本一の旅館の女将の跡取りをもらう以上、タイトルを取れなかったら人生の責任を取って婿入りの約束まで要求してきます。

こちらはこちらで旅館に人生を捧げた生き物。

こちらにはこちらの執念があるのです。

そういう色々な人の執着を描くこの作品は本当に丁寧だなと思います。

 

そんなこんなで、母親に弟子入りを親公認の仲となった八一とあい。

ここで大きな一区切りを迎えたと思いますが、今後の展開もまた楽しみです。